• オールインワンゲルで美白を目指すならこの成分に注目

    オールインワンゲルは、そのひとつでスキンケアを済ませることができる製品です。

    化粧水や美容液、クリームなどの機能を備えているわけですから、有効成分が凝縮されていると言う特徴があります。ですからオールインワンゲルで美白を目指すと言うのも、十分に可能なことです。

    美白を目指したい場合、以下のような成分が配合されているオールインワンゲルがおすすめです。

    敏感肌のオールインワンゲルに対して関心度が高まっています。

    まずはビタミンC誘導体です。

    朝日新聞デジタルはかなり有益な情報が揃っています。

    美白大敵、シミやくすみは、紫外線などのダメージにより発生する活性酸素の影響を受け、メラニン色素が活性化するのが大きな原因です。

    ビタミンCには活性酸素に対抗する力があるため、メラニン色素の活性化を抑制し、シミやくすみなどを防ぐことに対しての効果が期待できます。
    ビタミンC誘導体は、刺激が強く壊れやすいビタミンCの弱点をクリアした成分です。


    よって美白を目指したい場合、この成分が配合されているオールインワンゲルを利用するのは、とてもメリットがあると判断できます。それからトラネキサム酸です。



    トラネキサム酸には、シミの発生物質を抑制する作用があるとされています。

    ですからシミの予防、改善に効果が期待できるわけですが、更にトラネキサム酸には、肝斑に対しても作用が期待できるとされています。
    シミの一種である肝斑は、目の下、頬骨あたりに広がるのが特徴で、タンパク質分解酵素であるプラスミンがその発生には関係していると言われています。


    トラネキサム酸には、このプラスミンに対しての抑制効果もあることから、肝斑にも効果が期待できると言う具合です。


    肝斑は年齢を重ねることで出てくる可能性が高くなるとも言われているので、エイジングケアの一環としてトラネキサム酸が含まれたオールインワンゲルを利用するのも、ひとつの方法です。